MENU

レポート

みんなの交流館ならはCANvas 開館しました!

 楢葉町大字北田のコンパクトタウン「笑ふるタウンならは」の商業・交流ゾーンに建設が進められていた「みんなの交流館ならはCANvas」が7月30日、開館しました。同施設南側の緑地広場で開かれた落成式には、松本幸英・楢葉町長をはじめ、関係者、来賓合わせて約100人が出席。落成式、内覧後の午前11時半に一般に向けて開館し、初日から多くの町民が来館しました。

 落成式では、松本町長が「町民の思いが詰まった夢のある交流館ができました」などとあいさつ。内覧には、CANvas建設に向けて意見を出し合ったお茶飲みワークショップの参加者も出席し、自分たちの声が、どれだけCANvasに反映されているかを確認しながら、今後CANvasが発展していくためには欠かせない新たな声、思いを寄せました。


REPO㈰-㈰.JPG

松本町長らがテープカットを行った落成式

REPO㈰-㈪.JPG

内覧にはお茶のみワークショップ参加者も招きました

 また同日から8月4日までの日程で、「“はじまり”を彩る特別な1週間。」と題した開館記念イベントがスタートしました。楢葉町中学生室が投げ餅を行ったほか、ウィンディ―ランドとのコラボレーションでジェラートを無料提供。茶道裏千家淡交会いわき支部が茶席を設けて抹茶を振る舞い、CANvasの歴史の始まりに彩りを添えてくれました。

REPO㈰-㈫.JPG

来館者にジェラートを提供した楢葉町中学生室

REPO㈰-㈬.JPG

館内に茶席を設けて抹茶も振る舞いました

 さらに常設の組み替えができる展示BOXにも、パッチワークキルト、布ぞうり、ペーパークラフト、藍染めなど、地元団体による素敵なハンドメイド作品が並びました。

REPO㈰-㈭.jpg

素敵なハンドメイド作品が並んだ展示BOX